恋愛

【モテ】婚活…不倫… 30、40代の大人の男性へ告ぐ シーン別勝負服をリサーチ

2016年09月28日
1475050873

男にはキメなければいけないときがある。仕事はもちろんだが、恋愛もしかりだ。そこで重要なのが身だしなみだ。女性は男性のファッションを厳しくチェックしている。「ブランド物を身につけていればどうにかなる」「とにかく若づくりしてればOKだろう」なんて勘違いしていないだろうか? そんなイタイ男にならないためのシーン別勝負服を紹介しよう。

644_-1475050866

 

【婚活編】結婚に繋げたいなら、女性に安心感と意外性を与えるファッションで自分をアップデートする

 

・平日と休日で着こなしに変化をつけて
婚活を意識した多くの女性が「男性のスーツ姿に好感を持てる」と考えている。平日にスーツで仕事をしている男性の場合、平日の夜にはそのままの格好で会うのが最も自然な流れだろう。ただし、普段どおりの服装だからといって油断をしてはいけない。上半身ならばネクタイやシャツの色、柄、下半身は靴下の色や革靴にもセンスを発揮して、デキる男、頼れる男を演出してみよう。

・休日は柔らかい印象を与えられて、リラックス感のある服装で
一方、休日というシーンとなれば、カジュアルな服装で日頃の緊張感を緩めたいもの。スーツ姿の時とは違い、リラックスしていて余裕を感じられる姿は、相手の女性に心を許しているというアピールにもなる。その女性の新たな一面を引き出してくれるかもしれない。
そんな休日の私服には、清潔感を心がけるのは当然だが、定番のタイトなボトムス、カットソーにカーディガンと言った、シンプルでありながらも柔らかな印象を与えるファッションが最適。靴はスニーカーなど、よりカジュアルな装いを取り入れてみる。もちろん、時計やバッグなどのアイテムも、私服のスタイルに合わせて揃えよう。
また、男性にありがちなのが、いつまでも同じ服を着まわすパターンだ。休日に着る私服は、スーツなどのビジネス着に比べて出番が少ない。長く着ないともったいない気もするが、時には思い切って処分をして、アップデートすることも大切だ。

【不倫編】不倫デートを楽しむには、普段と変わらないファッションで自然に

・基本は普段どおりの自然体で
自分が既婚者の場合、いきなり普段とは違ったお洒落な服装で家を出れば不審に思われて当然。そのため不倫相手と会う際も普段通りが間違いないと言える。また、不倫相手だけが既婚者の場合も、過度なお洒落をせず、普段どおり自然体の服装のほうが、相手が安心できるだろう。
ただし、普段通りの服装は知り合いには気付かれやすいので、近場の移動や、友人知人のいるテリトリーの利用は避けるべきだろう。

・相手の女性と一緒に考える
不倫関係の場合は発覚しないことが最優先となるため、基本的には普段どおりの服装が前提となる。とは言っても、惹かれ合った男女の仲、目立たずともお洒落なファッションを身にまとい、最高のひと時を過ごしたいもの。制約の多いシーンでどのような着こなしが最善か。どんな服装で会うかは、ふたりできちんと決めておくと良いだろう。事前に相談して、部分的にでもお揃いになるものを身に付けたり、一緒にいて統一感のある装いを選ぶなど、きちんとコミュニケーションをとって決めてみることでお互いの満足感が高まるのではないだろうか。不倫に限らず、女性にファッションの相談をすると言うのは喜ばれることが多い。

 

冒頭にも述べたが、男性が思っている以上に女性は男性のファッションを厳しくチェックしている。上記の原則を抑えつつ、シーンにマッチした着こなしを心がけると良い。また、香りや装飾品、衣服のシワはアイロンがけをするなど、さり気なくディテールに気を配るのが、女性に好かれるファッションのポイントである。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭