ライフ

【英会話Lesson8】ブックマーク必須!もしも英語で電話がかかってきたら…?

2017年04月14日
pic_CODY_English008

LA生まれ・LA育ちのCody(コーディー)。高校卒業までLAで過ごしたため、日本語より英語のほうが得意。

そんな彼が日常で使える英会話を披露する。

CODY_English008

新入社員の皆さんは会社で電話に出ることも多いこの季節。
もし、たまたま出た電話が英語でかかってきたら…

今回はそんな時に使える「英語の電話対応」をご紹介!
「やばい、どうしよう…」となる前に、このページをブックマークしておけばもう安心。

■基本編

・お電話ありがとうございます。○○株式会社でございます。
Thank you for calling. This is○○company.
・ご用件は何でしょうか?
How may I help you?
・もう一度お願いします。
Could you say that again?
・御社名とお名前をいただけますか?
Could you tell me your name and company?
・お名前のスペルを教えていただけますか?
Could you spell your name please?
・少々お待ちください。
Please hold.
One moment please.

こちらは基本中の基本フレーズ。
もし英語で電話がかかったら、まずはこれらを焦らずに言えるようにしておこう。

■担当者が不在のときは

・彼は今席を外しています。
He is not at his desk right now.
・彼は本日不在にしております。
He is not in today.
・後ほど折り返しお電話させましょうか?
Shoud I have him call you back?
・電話番号を教えていただけますか?
May I have your phone number?
・ご伝言を承りましょうか?
Would you like to leave a message?

「席を外しています」はLesson2でもご紹介したフレーズ。日本語でもよく使うシチュエーションなので覚えておきたい。

■もし社内に英語が得意な人がいたらこちらのフレーズも便利!

・私は英語が得意ではありません。
My English isn’t very good.
・英語ができる人に代わります。
I’ll get someone who speak English.

困ったら、英語ができる人に代わってもらうのも◎。

いずれにせよ、焦らず丁寧に対応することが大事。
ゆっくりでもいいので、相手に聞こえるようにハッキリと話せば大丈夫とのこと。
たかが電話対応、されど電話対応。
まずは電話対応からグローバルなビジネスマンを目指そう。

See you next time

これまでのLessonはこちら
【Lesson1】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson2】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson3】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson4】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson5】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson6】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson7】コーディーのワンミニッツ英会話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭