ライフ

【英会話Lesson3】日本とアメリカでは漫画の登場人物の名前が違う!

2017年03月10日
cody

LA生まれ・LA育ちのCody(コーディー)。高校卒業までLAで過ごしたため、日本語より英語のほうが得意。
そんな彼が日常で使える英会話を披露する。

ressone

今回はちょっとした豆知識。
実はアメリカ版『名探偵コナン』の登場人物の名前が全然違うというのだ。
今回の4コマを見てもらうとわかると思うが

「毛利小五郎」→「Richard Moore(リチャード・ムーア)」

「江戸川コナン」→「Conan Edogawa(コナン・エドガワ)」
「毛利 蘭(もうり らん)」→「Rachel Moore(レイチェル・ムーア)」
「阿笠 博士(あがさ ひろし)」→「Hershel Agasa (ハーシェル・アガサ)」
「灰原 哀(はいばら あい) / 宮野 志保(みやの しほ)」→「Anita Hailey(アニータ・ヘイリー)」

と、呼ばれているらしい。

ちなみに、タイトル『名探偵コナン』『CASE CLOSED』と変更されているのだ!

ほかのアニメでも

ポケットモンスターのサトシは「アッシュ(Ash)」
ドラえもんのジャインアンは「ビッグジー(BIG G)」なんて呼ばれているらしい。

共通のアニメの話をしているはずなのに話が噛み合わないなんてことが起こったら原因はこれかもしれない!

See you next time

これまでのLessonはこちら

【Lesson1】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson2】コーディーのワンミニッツ英会話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭