仮想通貨

そもそも仮想通貨(Cryptocurrency)とは何か

2018年01月30日
cryptocurrency

仮想通貨(Cryptocurrency)は暗号通貨とも呼ばれ、プログラミング言語で書かれたソフトウェアであり、ネットワークであり、プラットフォームです。

Cryptocurrencyはブロックチェーン・テクノロジーを根幹としており、分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずにしてコンセンサス(信憑性のある合意)を到達する方法を可能にするソフトウェアです。

ブロックチェーンを採用したことによって中央集権がない状態でトランザクションを管理することができるようになりました。

ブロックチェーンで数字を管理すればビットコインのように通貨として利用することができますが、別にブロックチェーンは通貨としての利用に留まりません。

ブロックチェーンに契約を乗せれば、取引相手と「壊せない契約(unbreakable contract)」を締結することもできます。

ブロックチェーンに所有権を乗せれば、会社の株式やソフトウェアライセンスや音楽の著作権や車のオーナーシップなどを中央集権なしで管理することができます。

投票結果をブロックチェーンで管理するソフトウェアを作って国民に配布すれば、中央集権なしで透明性のある国民投票をすることだってできます。

ですから、Crypto”currency”(仮想”通貨”)という言い方は通貨であると言った先入観を与えてしまうという意味では好ましくないのかも知れません。Currencyという言葉を使わずに、ShareやTokenやCoinと言った言い方をするものもあります。

いずれにせよ、ブロックチェーンで管理する世界を従来のFiat world(法定通貨の世界)と区別するように、Crypto space(暗号の世界)と言った言い方をします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭