ビジネス

【仮想通貨】資金調達の新しい手法 ICOとは何か

2018年03月14日
tnw-ico-796x448

tnw-ico-796x448

仮想通貨が今日まで発展してきて、いろんなブームを起こしました。

その代表系としてフォークコインの乱発とICOブームが挙げられます。

 

ビットコインがハードフォークしてできたもので最も有名なのがBitcoin Cash(BCH)です。ほとんどの取引所が対応しており、現状時価総額4位の仮想通貨であります。しかし、BCHを皮切りにビットコインのハードフォークが乱発しました。本来ハードフォークがTheDAO事件のとき、イーサがETHとETCの二つに分かれるときに講じられる手段ですが、現在では一部の営利団体が金儲けのために、ビットコインの知名度を借りて、ハードフォークを次から次へと発表しています。

例えば、ビットコインゴールド、ビットコインダイアモンド、ビットコインシルバー、スーパービットコイン、ビットコインキャッシュプラス、ビットコインプラチナムなどなどがあります。

 

そして、2017年にはICOとよばれる資金調達の新しい手法が注目されました。似たような言葉にIPOがありますが、長い期間の審査を要し、かなりハードルが高いのに対し、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は仮想通貨を発行して資金を集める手法をとっていますので、ハードルがとても低いと言えます。法律が追い付いていない状況もあり、ほとんどが詐欺まがいなICOといっても過言ではありません。

 

ETHのように、当初1ETH 20円台だったのに、いまや8万円くらいになり、約3000倍に値上がりした成功例がある一方で、プリセール時の単価を割ってしまった仮想通貨も多々あります。現状ではICO投資をするのに、かなり緻密な研究が必要になるでしょう。

 

ご存知ないかもしれませんが、現状の金融庁の審査のもとで合法的なICO事例が2例しかありません。ZAIFとQASHです。その他のICOについて、厳密にいうとすべて違法です。法的な罰則がまだなく、処罰がございませんが、前述のように詐欺まがいのものが非常に多く存在するため、くれぐれもご注意ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭