ビジネス

iPadでWPS Officeアプリを使ってみよう ー Presentation編 ー

2017年11月09日
eyecatch_blog_1107-1200x640

 
WPS Officeの利便性のひとつは、マルチデバイスで使えるところ。
「スマホやタブレットでもオフィスソフトが使えればいいのに…」を叶えてくれる、まさに “痒い所に手が届く” オフィスソフトです。
iPhoneやiPadなどiOS端末で使うことのできる「WPS Office for iOS」は、PC版と同じく「Writer」(文書作成)「Presentation」(スライド作成)「Spreadsheets」(表計算&グラフ作成)とPDFファイルの閲覧機能を搭載しているOfficeアプリ。
今回は、iPadタブレットでスライド作成ができるPresentationの<機能>と<使い方>をご紹介します。
 

「WPS Office for iOS」のインストールはこちらから

app-store-badge

スマホやタブレットで使える WPS Office アプリ の詳細はこちら

 

1.ファイルを開く

WPS Office for iOSを起動し、「すべてのファイル」画面で対象のスライドファイルをタップします。
ファイルは、端末内や各種クラウドストレージ(GoogleDriveやDropboxなど)に保存しているファイルを選択できます。
ファイルが読み込まれると、Presentation画面へと遷移します。

01_blog_1107

 

2.表示モードは3種類

Presentation画面には「閲覧モード」「編集モード」「スライドショー」と3種類の表示モードがあります。
選択する表示モードによって操作できるメニューボタンは異なります。

 

3.「閲覧モード」のメニューボタンを知る

「閲覧モード」では、スライドの閲覧ができます。
Presentationでスライドファイルを開くと、初期画面は「閲覧モード」で表示されます。

02_blog_1107

03_blog_1107

 
04_blog_1107

 
05_blog_1107

06_blog_1107

 
07_blog_1107

 

4.「編集モード」のメニューボタンを知る

「編集モード」は、スライドの編集ができます。
画面右上中央の「編集」ボタンで「閲覧モード」から「編集モード」に切り替わります。

08_blog_1107

10_blog_1107

11_blog_1107

 
12_blog_1107

13_blog_1107

 
14_blog_1107

 

5.「スライドショー」のメニューボタンを知る

画面右上端の「スライドショー」ボタンで、スライドショーの再生画面に切り替わります。

15_blog_1107

16_blog_1107

17_blog_1107


 
いかがでしたでしょうか?
4回にわたって「iPadでWPS officeアプリを使ってみた」シリーズをお送りしました。
今後もWPS Officeの操作方法をご紹介していきますのでご期待ください!
 

「WPS Office for iOS」のインストールはこちらから

app-store-badge


 
下記ご利用の場合は、広告が表示されません。

◎ アプリ専用シリアル版
1年間有効の「アプリ専用シリアル」は、Android でも iOS でもお好きな2台にインストールできます。
 ∟ 詳細はこちら

◎ マルチライセンス版
パソコン・スマートフォン・タブレットで使えるマルチ仕様。
同じシリアル番号を認証するだけで、WPS Office for Android / iOS の有料版を使えます。
 ∟ 詳細はこちら
 ∟ マルチライセンスのご利用方法はこちら

 
★☆ WPS Office SNS公式アカウント ☆★

【Facebook】
@WPSofficejp
Facebookページはこちら

【Twitter】
@WPSofficejp
Twitter公式アカウントはこちら

【Instagram】
@wpsofficejp
Instagram公式アカウントはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 
【関連記事】
iPadでWPS Officeを使ってみよう ― PDF編 ―
iPadでWPS Officeを使ってみよう ― Writer編 ―
iPadでWPS Officeを使ってみよう ― Spreadsheets編 ―
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭