ビジネス

【動画あり】iPadでWPS Office アプリを使ってみよう ― Spreadsheets 編 ―

2017年11月08日
eyecatch_blog_1031--1200x640

 
iPhoneやiPad、iPod touchなどiOS端末で使うことのできる「WPS Office for iOS」。
WPS Office for iOSは、PC版と同じく<Writer><Presentation><Spreadsheets>で文書作成・スライド作成・表計算&グラフ作成ができます。さらに、PDFファイルの閲覧までできるOfficeアプリです。
今回は、iPadタブレットで表計算やグラフ作成ができるSpreadsheetsの<機能>と<使い方>をご紹介します。
 

「WPS Office for iOS」のインストールはこちらから

app-store-badge

スマホやタブレットで使える WPS Office アプリ の詳細はこちら

 

1.ファイルを開く

WPS Office for iOSを起動し、「すべてのファイル」画面で対象の表計算ファイルをタップします。
ファイルは、端末内や各種クラウドストレージ(Google DriveやDropbox、One Driveなど)に保存しているファイルを選択できます。

01_blog_1031_3

 

2.「タイトルバー」のボタン機能を知る

画面上部「タイトルバー」のボタンでは、下記の操作ができます。

02_blog_1031_3

03_blog_1031

 
04_blog_1031_3

 

3.「メニューバー」のボタン機能を知る

画面上部「メニューバー」のボタンでは、下記の操作ができます。

05_blog_1031_2

06_blog_1031

 
07_blog_1031_2
 
08_blog_1031_2

 

4.キーボードを切り替える

メニューバーではキーボードを使用してセルに値や数式、文字列を入力することができます。
セルへの入力には複数のモードが用意されており、入力する内容にあわせて表示を切り替えることができます。

<数式モード>
数式の入力に最適化されたオリジナル配列のキーボード

09_blog_1031_2

 
<テンキーモード>
テンキー配列(電卓と同じ配列)のキーボード

10_blog_1031_2

 
<QWERTYモード>
QWERTY配列(パソコンと同じ配列)のキーボード

11_blog_1031_2

 

5.セルを操作する

セルを長押しすると、操作メニューがポップアップで表示されます。

12_blog_1031

13_blog_1031

 

動画でまるっとわかる!表計算ファイルの操作方法

iPadを使ってSpreadsheetsの操作方法を動画にまとめました。


 
いかがでしたでしょうか?
次回は、WPS Office for iOSでのスライド&資料作成ソフト(Presentation)の使い方をご紹介します!
 

「WPS Office for iOS」のインストールはこちらから

app-store-badge


 
下記ご利用の場合は、広告が表示されません。

◎ アプリ専用シリアル版
1年間有効の「アプリ専用シリアル」は、Android でも iOS でもお好きな2台にインストールできます。
 ∟ 詳細はこちら

◎ マルチライセンス版
パソコン・スマートフォン・タブレットで使えるマルチ仕様。
同じシリアル番号を認証するだけで、WPS Office for Android / iOS の有料版を使えます。
 ∟ 詳細はこちら
 ∟ マルチライセンスのご利用方法はこちら

 
★☆ WPS Office SNS公式アカウント ☆★

【Facebook】
@WPSofficejp
Facebookページはこちら

【Twitter】
@WPSofficejp
Twitter公式アカウントはこちら

【Instagram】
@wpsofficejp
Instagram公式アカウントはこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 
【関連記事】
iPadでWPS Officeを使ってみよう ― PDF編 ―
iPadでWPS Officeを使ってみよう ― Writer編 ―

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭