ビジネス

AndroidタブレットでWPS Officeを使ってみよう ― Writer編 ―

2017年09月14日
eyecatch_blog_0913-1200x640

 
最近のパソコンは小さく軽いモデルもたくさんありますが、電車の中や店内などではパソコンを広げることを躊躇しませんか?
こんなときに役立つのが「WPS Office for Android」。コンパクトサイズのスマートフォンやタブレットで使えるAndroid端末向けOfficeスイートアプリです。
WPS Office for AndroidにはWriter (文書作成) / Presentation (資料作成) / Spreadsheets (表計算) / PDF閲覧の機能が搭載されています。
なので、外出先でオフィスファイルの作成や編集が必要になった時でも、その場で対応することができるんです。
そこで今回は、WPS Office for AndroidでWriterを使うときの<機能>をご紹介します。

 

WPS Office アプリ版はこちらから

google-play-badge

 

ファイルを読み込む

WPS Office for Androidを起動します。
TOP画面で対象の文書ファイルをタップすると、Writerの編集画面へと遷移します。
※各種クラウドサービスや端末内に保存されている文書ファイルも読み込み可

01_blog_0913

 

機能メニュー

Writer編集画面のボタンは、すべて上部に配置されています。

02_blog_0913

 
1.ファイルメニュー
「ファイル」タブをタップすると表示されます。

03_blog_0913

04_blog_0913

 
2.表示メニュー
「表示」タブをタップすると表示されます。

05_blog_0913

06_blog_0913

 
3.編集メニュー
「編集」タブをタップすると表示されます。

07_blog_0913

08_blog_0913

 
4.挿入メニュー
「挿入」タブをタップすると表示されます。

09_blog_0913

10_blog_0913

 
5.校閲メニュー
「校閲」タブをタップすると表示されます。

11_blog_0913

12_blog_0913

 
6.ペンメニュー
「ペン」タブをタップすると表示されます。
※ドキュメント内にフリーハンドで線を入力することができます。

13_blog_0913

14_blog_0913

 
7.その他①
画面左上のメニューボタンをタップすると表示されます。

15_blog_0913

16_blog_0913_2

 
8.その他②
画面右上に表示されます。

17_blog_0913

18_blog_0913

 

WPS Office for Androidを使ってみよう

WPS Office for Androidは、Google Playからインストールすると無料で使えます。
詳細はこちら
 
さらに充実した機能がついた有料版もオススメです。

無料版との違いは…

  • 有料版のみ使える機能つき
  • 広告が非表示
  • Android端末とiOS端末の各1台にインストールOK

 
有料版を使う方法は3つ
 
その1.パソコンでも使うことができるマルチライセンス版を購入
詳細はこちら
「すでにパソコンでWPS Officeを使ってるんだけど…」という方は、同じシリアル番号を認証するだけで有料版を使うことができます!
Android端末でもiOS端末でも組み合わせ自由に2台まで使えます。
 
その2.「アプリ専用シリアル(1年版)」を購入
詳細はこちら
 
その3.アプリ内課金
無料版をインストール後、アプリ内課金にて購入できます。

パソコンでもモバイルでもWPS Officeをフル活用しちゃいましょう!

 

WPS Office アプリ版はこちらから

google-play-badge
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤソカルをフォローしよう!

ページ先頭